FEEDBACK

Customer feedback

 

クライアントさまのお声

今まで「感情人間」だと思いながら生きていたのに、実は何より感情を自覚するのが苦手ということに気付けました。特に負の感情は見ないようにしていたので、悲しい・苦しい・寂しいということを認めることがしんどかった。でも気付けたからこそ、要らないものは手放すことができていくんだと思えました。毎回セッションが終わると「より明るい未来」を一緒に見て進んでいる感じがしていました。

ワークをする中で毎回、自分の発見がありました。自分がどんな価値観を持っていて、だからこそ自分はどんなふうに人や物事と向き合えばスムーズなのか、言葉にすることでハッとすることが多かったです。自分をいろんな角度から知り、未来への道筋を一緒に創っていった感覚でした。 ライフコーチは自分に気付きを与え、未来を考える力、行動する力を養ってくれる存在だと思いました。

未来のことばかり考えて“いま”この瞬間を大切にできていなかったことに気付けました。いまの自分となりたい自分の間のギャップがもどかしく感じたけど、いまを積み上げることでしか未来は創れないと思えることができました。

社会人の自分や母の自分など役割がたくさんある中で、自分を置き去りにしていたことに初めて気付きました。ライフコーチングは、自分を見つめて大事にできる時間を作れるという価値と共に、散りばめられた出来事や感情から本当のわたしを見つけてくれるコーチの存在がとてもとても 価値のあるものだと思います。

一緒に気付きを発見していく、まさに「伴走」されている。という言葉がしっくりくるような、そんな時間でした。考える事が苦手で直感的な私ですが、話していく中で自分の大事にしてる事、無意識に逃げていた事や、自分の軸、ほんとはやりたい事が具体的に目の前に広がりました。自分を深く知れたのは大きな気付きです。今は、人生がより豊かになる予感がして、ワクワクしてます。